事業内容

情報通信事業/通信機器EMS製品

GPSジャケットフォン

  • GPSを搭載したPHS端末(ジャケットフォン)です。W-SIM(ウィルコムシム)を採用しています。
  • GPS、PHS双方の特質を生かした位置検索ができます。
    上空が開けている場合はGPSで高精度に、屋内や地下街ではPHSで大まかに位置を特定することができます。
  • 最低限の機能に絞っておりますので、お子様にも安心してお使い頂けます。

GPSジャケットフォン

PHS・GPS端末 RH-193

PHS・GPS端末 RH-193

  • W-SIMを搭載したPHS端末です。
  • GPSを内蔵しており、PHSだけでなく、GPSで高精度な位置を特定できます。
  • 微弱無線と連携した緊急通知機能、自動音声通知機能を内蔵しています。
  • リチウムイオン電池を内蔵しており、満充電時には、連続待ち受け約200時間、連続通話約6時間が可能です。
  • 小型軽量(幅105mm×高45mm×厚20mm、約93g)です。

株式会社ヴァーゴウェーブ様のみっけ!GPSサービスにご使用いただいております。
http://www.mikkegps.jp/index2.html

GPS携帯

  • 携帯電話網とGPSを使用し、端末からの通報と位置を把握するシステムです。
  • 端末からは携帯電話公衆網を使って通報します。
  • 端末が捕捉している基地局の位置、あるいは端末がGPSで測位した位置から、通報した端末の位置をある程度特定することができます。

GPS携帯

PDC・GPS端末 RH-187

PDC・GPS端末 RH-187

  • 通信相手先を限定したPDC端末です。
  • GPSを内蔵しており、外部から端末位置を特定できます。
  • 緊急通報機能、ハンズフリー機能、留守録機能を内蔵し、電波停止モードを設定可能です。
  • リチウムイオン電池を内蔵しており、満充電時には、連続待ち受け約200時間、連続通話約100分が可能です。
  • 小型軽量(幅46mm×高95mm×厚26mm、約89g)です。

PHS複合システム

  • PHSと小電力無線を使用し、子機からの通報を把握するシステムです。
  • 移動子機は移動に伴い、都度接続可能な親機と小電力無線で通信し、移動子機からの通報は親機からPHS公衆網を経由して伝達されます。
    親機と通信ができない場合は、移動子機自らがPHS公衆網を使って通報します。
  • 固定子機は登録した親機と小電力無線で通信し、固定子機からの通報は常に登録した親機からPHS公衆網を経由して伝達されます。
  • 子機から通報を受けた親機の位置、あるいは移動子機が接続しているPHS公衆基地局の位置から、通報した子機の位置をある程度特定することができます。

PHS複合システム

PHS・小電力無線端末 RH-181

PHS・小電力無線端末 RH-181

  • PHS端末であると同時に小電力無線を内蔵しており、RH-182、RH-183からのデータを監視します。
  • 小電力無線部もPLLシンセサイザを採用しており、環境に応じて周波数の変更が可能です。
  • 200件の電話帳、留守番電話、通話録音、ハンズフリー、メール等の機能を内蔵しています。
  • ニッケル水素電池を内蔵しており、停電時にも使用可能です。
PHS・小電力無線端末 RH-182

PHS・小電力無線端末 RH-182

  • 通話先を限定したPHS端末であると同時に小電力無線を内蔵し、RH-181とデータ通信します。
  • 小電力無線部もPLLシンセサイザを採用しており、環境に応じて周波数の変更が可能です。
  • 緊急通報機能、ハンズフリー機能を内蔵しています。
  • リチウムイオン電池を内蔵しており、満充電時には、連続待ち受け約500時間、連続通話約5時間が可能です。
  • 小型軽量(幅45mm×高83mm×厚23mm、約56g)です。
PHS・小電力無線端末 RH-183

小電力無線端末 RH-183

  • PLLシンセサイザの採用により、環境に応じて周波数の変更が可能です。
  • 外部機器からの接点信号を検出し、RH-181とデータ通信します。
  • 無電圧接点出力型のセンサーを接続できます。
  • 接点の種類はa接点とb接点を選択可能です。
  • 一般的な単三型アルカリ電池を使用しており、通常の使用における電池寿命は約2年です。
ページの先頭へ